意味がわかると怖い話 妻の怒りと結婚円満の秘訣

意味がわかると怖い話 妻の怒りと結婚円満の秘訣

ある田舎町で、老夫婦に地元新聞がインタビューした。

「 50年も結婚生活を続けてこられた秘訣は? 」

すると夫は、懐かしそうに昔を振り返って答えた。

「 わしらは新婚旅行でメキシコへ行ったんじゃ。 そしてロバを借りて2人で砂漠をのんびりと歩き回った。すると妻の乗ったロバが急にガクンと膝を折って、妻はロバの背中から転げ落ちてしまったんじゃ。 妻は 『 1 』 とだけ言うと、何事も無かったようにロバにまたがって、散歩を続けてな。  しばらくして、またロバが急に膝を折ったので案の定、妻は落ちてしまった。  妻は 『 2 』とだけ言うと、ロバに乗った。  そして妻が3度目に落とされた時、荷物の中からリボルバーを取りだして、ロバを撃ち殺してしまったのじゃ。 わしゃあ、びっくりしてな。 いくらなんでも撃ち殺すことはなかろうと妻をその時、ひどく叱ったんじゃ。 そうしたら妻がこう言ったんじゃよ 。」

「 何でしょう? 」

「 1 」


解説↓

なぜ、妻はロバを殺してしまったのだろうか?

数字をカウントしていることから、おそらく「3回の失敗でアウト」ということを言っているのかもしれない。

「仏の顔も三度まで」

というやつだ。

ロバの件で、妻を注意した夫も「1」とカウントされてしまっている。

これは、後2回妻を怒らせると、あの世行きが決定ということになりそうだ。

つまり、結婚生活円満の秘訣は

「妻を怒らせないように気を使うこと」

なのかもしれない・・・・
PR