考えれば考えるほど不気味な話 もう一人の自分

考えれば考えるほど不気味な話 もう一人の自分

つい先日の話。

私は夫と0歳児と犬と暮らすごく平凡な主婦です。
家は都内にありがちな狭小三階建て。
以前は夫と犬と三階のベッドルームで寝ていたのですが、出産を機に二階の和室にて
親子三人川の字+犬で寝る事にしました。

そんな矢先の先の年明け、私はノロウイルスにかかってしまいました。
夫と子への感染が心配だったため、私は数日間一人三階のベッドルームで休む事にしました。
我が家は二階と三階にトイレ(三階には洗面台もあります)があり、ベッドルームには小型冷蔵庫もあります。
私はスポーツドリンクや栄養ドリンク、ゼリー飲料、水、着替え、その他必要な小物を用意してベッドルームに籠城。
夫との連絡はスマホのショートメッセージで済ませる事にしました。

数日後、下痢嘔吐高熱も収まり私は二階へ降りて久々に夫と子供と顔を合わせました。
数日間とは言え、子供には寂しい思いをさせ、夫には慣れない育児を肩代わりしてもらい、申し訳ないやらありがたいやら。

そして二階に降りたその日の夕飯時、夫が妙な事を言いました。
「子供にうつるかもしれないんだし、△△(私)も体が辛かったろうから無理して毎晩降りて来なくてよかったのに」
夫によると、夜子供がぐずっていると私?が降りてきておっぱいを上げようとしたそう。
しかし子供は飲んでくれないどころかますます泣くばかりで、私?はあやすために子供を
庭(プランターが数個置いてあるだけの小さな庭です)へ執拗に連れ出そうとしたそうです。
確かに夏場に子供がぐずついた時は連れ出して気分転換させてましたが、寒さ厳しい季節になってからは夜中の庭へ出た事はありませんでした。
夫はというと私を心配して、自分がやるから大丈夫だよと毎晩渋るというか癇癪を起こす私を強引に三階へ戻し、二階で子供をあやしていたそうです。

「私治るまで一度も降りてないんだけど……」
初めは冗談扱いしていた夫も、私の真剣な表情と口振りに
「じゃあ毎晩降りてきた△△は何だったんだ」
と顔面蒼白。
夫曰く、そういえば犬が私?に向かって今にも噛みつきそうな勢いで唸っていたそうです。
私が実家から連れてきた犬で、普段は子供と争うかのように私に甘えてくる犬なのに。

そして今。
私はまたもや体調を崩してインフルエンザでダウン。
でも私?に子供を攫われそうなので、今回は三階籠城はせず感染覚悟で親子三人川の字 +犬で寝てます。
今のところ何も起こらず。
家にも異変はありません。
犬も以前と変わらぬ甘えん坊。

家は新築だし、土地も義祖父が畑にしていた場所で因縁めいたものも特にありません。
夫も私も地味ないわゆる「いい人」の元喪で異性から怨みを買う覚えもないし、周りに生き霊飛ばすような不妊の人もいません。
ただ単に私自身が生き霊を飛ばしてしまっただけなのかな。


解説↓

この話、考えれば考えるほど不気味だ。

真っ先に考えられるのは、夢遊病ではないだろうか。

でも、夢遊病だとすると、嗅覚の優れた犬が「私」に唸るのが説明つかなくなる。

となると、やはり「自分にそっくりの何か」と考えた方が自然だ。

いったい、なんなのだろうか?

生霊なのだろうか?

それとも、ドッペルゲンガーだろうか?

個人的に、自分の姿を真似した悪霊や地球外生命体ではないだろうか、と考えてしまう。

もしも、赤ん坊が自分に似たソレのおっぱいを飲んでしまっていたら・・・・?

旦那さんが止めてくれずに、赤ん坊を外に連れ出させてしまっていたら・・・・?

こう考えると、背筋に冷たいものを感じずにはいられない。
PR