一歩間違えれば大事件 実話の怖い話

一歩間違えれば大事件 現実味のあるの怖い話

結構昔だけど19歳くらいで専門学校の学生だった頃の事。

学校にはバイク→電車→徒歩で通学していた。

駐輪場がいっぱいの時はそこらの自転車とか寄せて停めるしかないんだけど、田舎のちょっと大きめの駅だと駐輪場とか溢れかえるくらい多い。

そんな時はもう駐輪ゾーン横にでも適当な場所に停めてロックしておくしかない。まあそこすら溢れてるんだけど。

ある日、帰りが遅くなりバイクを停めていた駅に着いたのが21時くらいになった。

駐輪場へ入っていくと結構遅いから駐輪スペースはガラガラ。(放置自転車があるからそれなりにはあるけど)

混雑してる時に停めたので、スペース無くてかなり遠くに置いてあったんだけど、そこへ近付くにつれて違和感を感じた。

ガラーンとした駐輪場に残ってる自転車もなんか変な気がした。

倒れている物も多い。

見られている気配というのか、周りが妙に気になった。

サッサと帰ろうとバイクに荷物入れてロック外して駐輪場から出そうとしていると、ん?

なんかすげー重い。

確認すると後輪がパンクしていた。

嘘だろ。

スポークホイールだぞ、チューブだから修理できないし帰れないじゃないか。

タイヤを見てみると、パンク傷が思いっきりナイフなどで切られた痕だった。。

「……か…よ…邪魔……とこに……てんじゃ…ねー…よ」

と、突然声が聞こえた。

ビクッとして立ち上がると、駐輪場の中に人が立っていた。

照明は一つ一つ離れていて少し暗いが、照明の下はよく見える。

そいつは照明から少し離れたところに居てたが、背が高く細い奴のようだった。

誰も居ない駐輪場ににょきっと突然人が出てきてゾクッとしたが、こっち見てなんか喋ってるのが解ると普通の人間だと解り少しほっとした。

ホッとするんじゃなかった。

そいつは突然こっちに走ってきた。

照明の下を通った所で見えたが、手に小さなナイフ持って振り回してやがる。

漫画みたいにブンブンあほみたいに。空を切るそれはなんの意味があるんだ。

その時はそんな余裕もなく、うわー!と慌てた。

「お前らの自転車邪魔なんだよぉぉぉ!!ここに置くんじゃねぇぇよぉぉ!」

完全にこっち狙ってるのが解ったが、ナイフ持ってる相手に背中向けて逃げるのは無防備で余計に怖い。

バイクにかけてあったオフロードフルフェイスヘルメットを取り、こっちに真っ直ぐ走ってくるナイフマンに思いっきり投げつけた。

相手のダメージ考えずに物を思い切り投げたの初めてだ。

メットはこっちに向かってくる奴の顔面にボゴォっと当たり、そいつは「うごぉぉっ!!」って吹っ飛んだ。

私のメットはゴロンゴロンと悲しい音を立てて転がっていった。

相手は地面に転がったがまだナイフを持ってる。

私は急いでバイクに縛り付けたバッグを開け、中から取り出した。

包丁を2本。

当時調理師専門学校生で、丁度偶然包丁を持ち帰る日で包丁セットの入ったバッグを持っていたのだ。

相手は立ち上がろうとしていたが、脳震盪でも起こしたのか顔にダメージを負ったのかよろよろしていた。

そいつに包丁を持って近づいたら、奴はこっちを見て尻餅をついた。

「うぁぅぁぁぁ……やめて」

何を言ってやがる。

ナイフを武器にする奴はその怖さもよく理解しているのか、自分より多い武器に怯えたのか、包丁が出刃包丁と柳刃包丁で見た目にも鋭利すぎたのが怖かったのか、完全に逃げ腰で両手で体を支えるような感じ。

これ他の人から見たら完全に私が加害者だよな。

そいつを見張りながら携帯で警察に連絡し、警察が来るまで「ちょっとでも動いたら、ヤルヨ」と脅してた。

私も怖かったけど、相手が戦意喪失状態で助かった。

警察が到着すると、奴は縮こまってナイフも手放してた。

警察は真っ先に私に近づき完全に拘束しようとしてる……。凄く…恐いです。

私は包丁を地面に置き、警察に説明。

通報したのも自分だと説明して、携帯見せて納得して貰った。

当時は包丁などもバッグに入れていれば問題なく持ち運びできた。

この数年後にナイフによる事件があり、学校や店から持ち帰るなどの理由ですら厳しく取り締まられるようになったようだ。

奴は警察に拘束され、その後奴のナイフを確認し駐輪場の自転車を警察が見て回ると、残っている殆どの自転車やバイクなどのタイヤがそのナイフによって引き裂かれていた。

私もバイクをやられたのを調書に書いておいた。

後に相手から弁償をして貰った。奴の家族がしたのか、届け出た被害者全員にきちんと支払われたようだ。勿論大事なメット代金も貰った。

警察から聞いたが、そいつも自転車できてるらしく、駐輪場に停める場所が無くて場所を空けるためにやったとかなんとか。

まあタイヤ切り裂かれる所になんかだれも停めたくはないし、それ狙いだったのかな。

洒落にならないのは、夜遅かったとはいえ駐輪場周辺には民家もあるのにあの奇声を聞いて出てくる人も居なければ、通りかかる人も居なかった。

こんな場所で女性がナイフ持った男に襲われたら逃げるの無理だろうなと思った。

その点は駅の方へ連絡しておいたら、卒業前だから1年も経たずに照明が増えて明るくなり、駐輪場も整理されて放置自転車も逐一処理されるようになった。

卒業までしかその恩恵には預かれなかったけど。

包丁二刀流は洒落にならないほど安心感があった。


解説↓
これは実話だろうか?

一歩間違えれば、死んでいてもおかしくない話。

人の命って一瞬で消えてしまう。

事件に巻き込まれた時に、生きるか死ぬかは本当にわずかなことで変わってしまう。

世の中は、「一般的に思われているほど安全ではないかもしれない」、と気づかせてくれるような教訓になる怖い話だ・・・・
PR