意味が分かると怖い話 暗号解読

意味が分かると怖い話 暗号解読

大学生になって初めてのクリスマスが訪れようとしていた。

大学に入ったら彼女を作ってやる、なんて意気揚々としていたのだけれど、残念ながら今年も独りで、それどころかバイトでベリー苦しみますを過ごすことになりそうだ。

そろそろ年賀状を出さないといけないわけだが、数人住所がわからなかったので、講義が終了した後、聞いて回った。

大学で知り合った友人Iについては、最近学校にも来ていないので、メールして聞くことにしたら、すぐに返事が返ってきた。

『××町8-5 グリーンハイツ星野L館 16-13-5室』

お、生きてる生きてる、とか少々不謹慎なことを思いつつも、安心していた。

今度は電話をして、近況を聞くことにしたが、電話には出なかった。

おかしいと思いながらも、バイトに遅れるのでここで切ることにした。

帰ってきてから携帯の電源を入れ、切ったすぐ後にIからメールが届いていた。

『やっほー^^14日あいてる?さつき思いついたんだけど遊びに行こうよo(^_^)o Xマスも終わったらあくでしょ?いつもバイト、はつか れるでしょ?25日、どうせ暇なら相手してよ。××水族館でサンゴの特別イベントやってるよ。こんどブラックジャックのやりかた教えてね(はぁと』

今日は深夜までシフトが入っていたので、頭が回らなかった。

明日もう一回見ることにしよう。

ああ、そう言えば実家にも帰らないと。

そして、Iには年賀状が届かなかった、それはそうだ、こんな住所の書き方、あり得ない。


解説↓

はっきり言って意味が分からないこの話。

実は、暗号が隠されているのだ。

Aが1で、Bが2、Cが3、といった感じで、数字をアルファベットに置き換えてみる。

すると、まずこの

「××町8-5 グリーンハイツ星野L館 16-13-5室」

は、8がHで、5がE、16がPで、13がMで、5がE。

HEPMEとなる。

で、5と16の間に「星野L館」のLがあるので、それを考慮して読むと、

HELP ME

となる。

続いて同じ要領で、本文も解いていく。

本文の場合は、「さつき」「はつか」「さんご」「ブラックジャック」など、数字に置き換える必要がある言葉も出てくる。

たとえば、さつきは皐月で5月の5。

はつかは、20日の20。

さんごは、九九の3×5=15。

ブラックジャックは21。

それと、もちろん、XマスのXも入れて考えて、数字を置き換えて順番に読んでいくと。

NEXT YOU

と、なる。

繋げると、HELP ME NEXT YOUとなる。

単純に考えて、これを送ってきた友達は助けを求めていて、「お前も狙われているぞ」というメッセージを暗号文で送ってきたと考えられる。

もしくは、練りに練った性質の悪いイタズラか・・・
PR