意味がわかると怖い話 初めての家庭科

意味がわかると怖い話 初めての家庭科

7がつ5にち

きょう、はじめてかていかをならった。

ケンちゃんは「かていかはおんなのかもく!」といってせんせいにおこられた。

せんせいは「いまはだんしもさいほうやおりょうりができないといけないじだい」といった。

はじめてのじゅぎょうはおりょうりだった。

1ぱんはごはんをたいた。

2はんはおみそしるをつくった。

3ぱんはカレーをつくった。

ぼくは3ぱんです。

じゃがいもやにんじんをほうちょうできるときはドキドキした。

「てをきらないようにゆっくりね」とせんせいがいった。

じゃがいもやにんじんやたまねぎやおにくをゴトゴトにた。

カレーのルーをいれた。

しばらくしたらカレーができた。

やさいやおにくをきるときはきんちょうしたけど、そのあとはかんたんだった。

がっこうのかえりにびょういんにいった。

ママにカレーをつくったといったら、にっこりわらった。

ママがいえにいなくてさびしいといったら、もうすぐいえにかえれるといった。

うれしかった。

「そのときはいもうともいっしょよ」といった。

いもうとは、ともよというなまえだ。

ママはともよをうんだので、びょういんにいる。

「ともよもカレーをたべるかな」ときいた。

もうちょっとおおきくなったらたべるとママはいった。

おおきくなったら、ともよにいっぱいカレーをつくってあげようとおもった。

7がつ8にち

ママとともよがいえにかえってきた。

パパはにこにこしている。

ぼくはママとパパにカレーをつくってあげようとおもってそういった。

「いいから、おとなしくしていなさい」

パパがそういって、なにもさせてくれなかった。

ママにあそんでもらおうとおもった。

でも、ママはずっとともよとあそんでいる。

7がつ10にち

きょういえに、しんすけおじさんとかおりおばさんとおじいちゃんとおばあちゃんがきた。

おしょうがつみたいでうれしかった。

しんすけおじさんとあそんでもらおうとおもった。

だけどあそんでくれなかった。

かおりおばさんにほんをよんでもらおうとおもった。

だけどよんでもらえなかった。

おじいちゃんとおばあちゃんもあそんでくれなかった。

みんなともよとあそんでいる。

「おへやにかえっておとなしくあそんでいなさい」

みんなにそういわれた。

7がつ12にち

こんどのにちようびに、またおじさんやおばさんやおじいちゃんやおばあちゃんがくる。

みんなともよとあそびにくる。

ぼくとあそんでくれない。

「たべちゃいたいくらいかわいいって」

ママはともよをだっこしていった。

パパも「そのとおりだよ」といった。

「よかったねともよ」とママはいった。

7がつ18にち

はやおきしてカレーをつくった。

やさいはじょうずにきれた。

おにくはむずかしかった。

やわらかくてプニャプニャしてて、ちがいっぱいでた。

「ともよー!ともよー!」

ママがともよをさがしてる。

もうすぐみんながくる。

カレーがぐつぐつにえている。

「ともよー!ともよー!」

たべちゃいたいぐらいかわいいともよ


解説↓

この話は、有名な意味がわかると怖い話。

妹が生まれた家庭。

お兄ちゃんは内心、皆が妹ばかりをかわいがることに強いやきもちを焼いている。

そんなときに、「食べちゃいたいくらい可愛い」という言葉を聞き、お兄ちゃんはその言葉を、言葉の取りに受け取り、妹をカレーの肉にしてしまったのだ。

こうなれば、妹もいなくなるし、両親も喜ぶしで、一石二鳥だと思ったのかもしれない。

この話で、もっと奥が深いと思えるのは、「ぼく」は一体何歳なのだろうか?というところ。

包丁を使う家庭科の授業は、小学校の低学年ではやらないはず。

それなのに、「ぼく」の文章はあまりに幼稚すぎる。

おそらく、なにかしらの障害があるのではなかろうか。

もしくは、妹を殺すために障害があるふりをした文章を書いたのか・・・・
PR