意味がわかると怖い話 地縛霊の住むホテル

出張に行く前に、「あのホテルは出るぞー」と、同僚から散々脅された。

ホテルに宿泊する際、ビビりな俺はガクブル状態で、夜ベッドに潜り込む。

夜が更けてくると、扉をノックする音が聞こえた。

あれ?

こんな時間に、ホテルの従業員かな?

と思って、声をかけてみるが、返事はない。

だんだん怖くなってしまい、ドアも見るのも嫌だった。

その間も、ノックの音は夜の間ずっと聞こえていた。

夜が明け、ノックの音も止み、俺はすぐにホテルをチェックアウトする。

出張から帰ってきてから、同僚にノックの話をしてみると

「やっぱり、出たか・・・」

と。

なんでも、そのホテルでは、昔火事があって、逃げ遅れた人がいたのだとか。

その人は、運悪く部屋の中に閉じ込められてしまい、そのまま亡くなってしまったそうだ。

これを聞いて、ドアを開けないで本当に良かったと思った。

あのときドアを開けていたら、どんなに恐ろしいことが起きていたことか。

解説↓

家事で亡くなった方が霊になって、この世を彷徨っているということだろう。

でも、この霊は火事の時に、ドアを開けることができずに死んでしまったのだ。

ということは、ノックは部屋の外から鳴っていたのではなく、部屋の内側から鳴っていたと考えられないだろうか?

もしも、そうだとすると、「俺」は幽霊を一晩同じ部屋にいたということになる・・・・
PR