意味がわかると怖い話 自殺志願者の救済

私は、教職の仕事にやりがいを感じている。

教師になって、33年。

教師というのは、人を救うことができる仕事なのだ。

この仕事を始めて10年が経過したころのこと。

わたしの人生で、大きな転機となる事件が起こったのだ。

それは、教え子の自殺だった。

大切な教え子の死に直面してしまったのだ。

抑えきれないほどの、ありとあらゆる感情が溢れ出てきた。

このときになって、自分自身の役目がわかったのだ。

それ以来。

わたしは、自殺をしようとしている人を救うための活動をはじめた。

自殺志願者とは、これまで42人と出会ってきた。

彼らと言葉を交わし、彼らと心を共有するように気持ちを理解し、ときには彼らを強く説得をするようにした。

しかし、私が未熟なせいか、7人も救うことができなずに涙をのんだ。

残念で仕方がない。

わたしの、定年退職まで残り4年。

大変だけれど、やりがいのある活動、教職であるうちは続けていこうと思っている。

解説↓



もしも、「自殺志願者を救う」の意味が、「自殺を推奨する」であったとしたら・・・・?

7人を助けられなかったというのは、7人は今も生きているということになってしまう。

p08QUMgn83uQEH91482105938_1482105946.jpg


というのも、この文章には隠れたメッセージがあるのだ。

この文章中に書かれた数字は、「33」「10」「42」「7」「4」。

これを、単純に語呂合わせで読むと、

「さっさ、と、しに、な、よ」

これはつまり

「サッサと、死になよ」

になる。

死にたいと願う人の気持ちを後押ししているということになるが、果たしてこれが救済と呼べるのだろうか・・・・?
PR