意味がわかると怖い話 女性アイドルとストーカー男

その男は、あるアイドル夢中だった。

そのアイドルをAとしよう。

男は、収入が少なく生活に余裕はなかった。

でも、稼いだ金のほとんどをアイドルAにつぎ込み続けた。

写真集やDVDが発売されると、発売イベントには必ず顔を出し、その場であるだけの金をすべて使った。

その日。

アイドルAのバースデーイベントが行われていた。

当然、男は参加する。

握手待ちの列に並んでいると、アイドルAのマネージャーが男に話しかけてきた。

「いつも、Aの応援ありがとうございます!」

毎回、イベントの度に顔を出し、写真集などを数十冊単位で買っていく男は、スタッフ陣からも顔を覚えられていて、すっかり顔馴染みだったのだ。

「Aも、とっても喜んでいるんですよ!」

そう言わると、嬉しくてたまらなくなる男。

そして、待ちに待った握手の順番が回っていた。

「わぁ!ありがとー。」

目の前で微笑みながら喜ぶAの姿を見て、男はこの上ない幸せを感じていた。

・・・それから数日後のことだった。

Aは、自宅前の路上でメッタ刺しにされて惨殺された。

犯人は、その男だったのだ。

目撃者の証言から、犯人はすぐに特定され、男は抵抗することなく逮捕された。

刑事は、男に聞く。

「なんで、あんなことをした?」

男は、ぼそりと返事をする。

「ずっと・・・暗かったから。」

解説↓

ずっと暗かったというのは、どういう意味なのだろうか?

自分の内面なのか?

それとも、アイドルの人間性なのだろうか?

この話の最も有力な解説は、バースデーイベントで男がAにプレゼントを渡していて、そのプレゼントの中にはカメラが仕掛けられていたというのだ。

そのカメラが、「ずっと暗かったから」、開封されていないということになり、男はAに裏切られた気がしたのだという解釈らしい。

確かに、自分だけはアイドルから見て特別だと思っていたのに、プレゼントの開封すらしてもらってなければ、ショックなのかもしれないが、人を殺してしまうことや、プレゼントにカメラを仕込んでいることから、この男の精神は明らかに異常であると思える。

少しあり得そうな話だけに、背筋が凍る・・・・
PR