不気味な怖い話 変わってしまった妹

不気味な怖い話 変わってしまった妹

妹の話。

うちの妹は小さい頃、大人しいというか1人で遊ぶのが好きな子だった。

よく母親の鏡台を前にして、ボソボソ独り言を言ったり、誰もいない部屋でユマちゃんの絵を描いたりしてた。

ユマちゃんというのは、妹の想像上の友達らしくいつも傍にいるらしかった。

そんな妹を、ちょっと気味が悪いと思ってた。

ユマちゃんの絵は描かなくなったが、独り言は高校生になっても続いてた。

妹は大学進学で、一人暮らしすることになり家を出た。

いろいろ心配だったが、遠方の大学だった為妹とはお正月まで会うことはなかった。

お正月に帰省した妹に、びっくりした。

服装が派手になり、性格も明るくなっていた。

親は、都会生活の影響で変わったのだろうくらいにしか思ってないのか。

まるで何も変わってないかのごとく、妹に接していた。

これではまるで異質なのは、私の方ではないか。

そして、夕食時に気づいた。

妹が、右手で箸を持っていることに。

ただ、それだけのことにゾッとした。

妹は、左利きだったのだ。

そのことを指摘すると、努力して矯正したのだと言う。

何度か矯正しようとして、18年間無理だったものが。

たかだか、数ヶ月の一人暮らしで変わるものなのか。

私には、もう全くの別人にしか思えない。

我慢出来ず「あなた誰なの?」と口にしてしまった。

妹は、私のおかしな質問に驚いた様子もなく。

「やだな。何言ってるの。繭だよ」

と、淀みなく答えた。


解説↓

この話は、2通りの考え方ができるように思える。

1つは、「私」の脳や記憶がおかしくなってしまい、妹を見る目も変になってしまったということ。

2つ。

おそらくこっちの方が正解だと思えることは、妹が「ユマちゃん」になってしまったということ。

そもそも、妹の本名は「繭(まゆ)」。

「ゆま」と「まゆ」は、文字を逆さまにしただけなのだ。

そして、たった数カ月の間に性格が正反対になってしまったこと。

左利きだったのに、右利きになってしまったことから考えて、妹は「ゆま」というまったくの別人へと変わってしまったと考えた方が自然だろう。

おそらくの例え話だが、鏡の世界から来たような魔物と入れ替わってしまったのではなかろうか。

もしも、自分の家族が、突然他の誰かと入れ替わってしまったら・・・?

こう考えると、非常に不気味な話に思えてしまう。
PR