意味がわかると怖い話 あってはならないエレベーター

意味がわかると怖い話 あってはならないエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。

いつも通り昼間の配達に回っていた。

それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう、古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。

真夏だったし、割と上階へ登らなければいけなかった為、つい怠けてエレベーターを使おうとした。

ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。

と、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、思わず後退りした。

その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。

何だろう、酷い事でもされたか?

ラリってるのか?

こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、中で何やってるかわからない・・。

恐る恐るエレベーター内を覗いて確認するが何も無い。

階段から人が降りてくる気配も無い。

不気味だな、さっさと荷物置いて出よう。

そう思いながらエレベーターに乗った。

荷物の宛先は8階。

おかしい。

ボタンがひとつしかない。


解説↓

ボタンが1つしかないということと、女性がエレベーターの中から発狂気味に飛び出してきたことから考えるに、このエレベーターは内側からは開かない欠陥的な造りになっているのではなかろうか?

このビルがもしも、携帯の電波が届かないような場所だったとしたら、これほど恐ろしいことはない。

古くて人気のない場所だ。

もしも、数日以上誰もエレベーターに乗ろうとしなかったとしたら、中にいる人間は命すら落とす可能性がある。

狭い空間に閉じ込められて数日間を過ごすのは、想像を絶する苦しみに思えてしまう・・・・
PR