意味がわかると怖い話 人を呪える本

意味がわかると怖い話 人を呪える本

呪い真書を手に入れた。

冒頭にこう書いてある。

「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」

勿論だ。

俺には許せない奴がいる。

だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。

俺は呪いの手順を始めた。

「1.まず始めに、目を閉じて、呪いたい相手の顔を思い浮かべます」

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。

よし、次だ、どれどれ・・・。

「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」

考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。

よし、次だ。

「3.最後に目を開けます」


解説↓

解説不要かもしれないが、この呪いの真書は「手順通りに実行すると呪いが成就し、手順を間違えると呪いは自分にかかってしまう」わけだ。

で、1~3までの順番を目を閉じたまま行わなければならないのに、「俺」は本を読みながらやってしまったため、途中で目を開けてしまっている。

つまり・・・・「自分が思いつく限りのありとあらゆる苦痛が、自分自身に降りかかってしまう」ことになってしまった。

人の不幸を望めば自分が不幸になるという、寓話としても面白い話である。
PR