意味がわかると怖い話 究極の若返り

意味がわかると怖い話 究極の若返り

老人『本当にこれで若返れるのか?』

男『えぇ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ることができます。』

老人『そうか…。お願いするよ』

そして老人はベッドに寝かせられシートが被せられた。

それから数時間。

老人(遅いなぁ…いつになったら始まるんだ?)

男『お待たせしました』

若い男『ありがとうございます。 こんなに上手くいくとは…ところでこの古い体はどうするんですか?』

男『こちらで処分いたしますよ。 またのご利用お待ちしております。』

そう言うと男はベッドを焼却施設まで運んで行った。

老人(おぉ。 前の誰かは若返りに成功したようだな。 それにしてもやっと俺の順番か…)

若い男『ありがとうございます』


解説↓

老人は若返りを希望し、自分の全盛期の細胞へ戻るため、この場所に行ったのだろう。

結果、若返った。

でも、若返ったのは自分の若い頃と同じ姿で、今の自分と同じ記憶を持った、全く別の人なのだ。

つまり、老人のクローンを作ったのではないだろうか?

若いクローンを作り、記憶をコピーすることができれば、はたから見れば若返ったように見える。

でも、それは「限りなく自分に似ている人」と言うだけで、自分ではない。

若い双子みたいなものだ。

この話の最も怖いところは、

「古い体は、こちらで処分します」

の一文ではなかろうか?

この後、老人は焼却処分されて(殺されて)しまうということになる。

無理な若返りを希望したばかりに・・・・
PR