有名な怪談話 女子高生とマンホール

有名な怪談話 女子高生とマンホール

マユミという名の女子高生が、学校に向かって歩いていた。

いつもと同じ時間。

いつもと同じ道。

いつもと同じ速さで歩く。

すると、目の前にマユミちゃんと同じ学校の制服が見えた。

近づいていくと、それは同じクラスの生徒で、しかもいつもイジメられている女の子だということがわかった。

クラス全員が、彼女をイジメていたのだ。

先生さえも、そのイジメを知りながら、見て見ぬふりをしていた。

女子校なので、かなり酷いことをする。

無視をするときもあれば、使用済みの生理用品を机の上に置いたりなんてこともザラにあった。

マユミちゃんも、特に彼女を怨んでいたわけではないが、自分だけがイジメに参加しないわけにもいかず、周りに合わせて、無視を始め、その他酷いことをたくさん言ったり、やったりしていた。

近づいていくと、イジメられっ子の彼女がとっても嬉しそうな顔をしているのが見えてきた。

幸せそうな笑顔で、ピョンピョンと飛び跳ねている。

マユミちゃんは、その姿に違和感を覚えた。

不思議に思いながら、さらに彼女に近づいていく。

彼女は、マンホールの上で飛び跳ねている。

何が嬉しいのか、とっても幸せそうな顔をして、

「9、9、9・・・」

と永遠に呟いている。

不思議に思い、

「何してるの?」

と、尋ねてみた。

でも、彼女は返事をしない。

相変わらず、

「9、9、9・・・」

と言いながら、飛び跳ねている。

「無視してんじゃないよ!」

今度は、少し強めに言った。

それでも、彼女は返事をしない。

今までは、特に彼女を憎らしく思うことはなかったが、無視されればさすがに腹が立つ。

しかも、なぜか嬉しそうな彼女が余計に腹が立った。

「なにしてんの?そんなことして、なにになんのよ?」

もう一度、聞いてみた。

だが、彼女はそんな言葉は聞こえない様子で、ただ嬉しそうに飛び跳ねるだけ。

このとき、マユミちゃんの中にあることがひらめいた。

もしかすると、

「マンホールの上で数字を言いながら跳ねる行動っていうのは、面白い遊びなんじゃないのかな?」

そんな風に思えてしまった。

自分でもバカな考えだとは分かりつつも、そんな思考をしてしまったのだ。

そして、マンホールの上で楽しそうに飛び跳ねる彼女を邪魔してやろうと思った。

イジメられっ子のはずの彼女が、いつもとは違う楽しそうな表情ではしゃいでいるのが、どうにも納得できないのだ。

だから、

「ちょっと、どいて。私が、それやるから。」

マユミちゃんはそう言うと、強引にイジメられっ子の彼女を押し退けると、自分がマンホールの上に立った。

そして、思いっきり上に跳び跳ねてみた。

その瞬間、隣にいたイジメられっ子の彼女は、渾身の力でマンホールの蓋を横にずらした。

マユミちゃんは、着地する場所を失いマンホールの下へ、真っ逆さまに落ちていく。

その後、彼女はマンホールの蓋を閉めると、何事も無かったかのように、また嬉しそうな顔でジャンプを始めた。

「10、10、10・・・・」

解説↓

説明不要かもしれないが、いちおう。

「9、9、9・・・」だった言葉が、マユミちゃんが落ちてから「10、10、10・・・」に変わっている。

ということは、この数字はマンホールの下に落とした人の数だと思われる。

つまり、これはイジメられっ子の復讐と言うわけだ・・・・
PR