意味がわかると怖い話 禁じられた黒魔術

意味がわかると怖い話 禁じられた黒魔術

男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた。

妻に先立たれ、男手一つで育ててきた息子だけが生き甲斐だった男は、犯人を殺したいほど憎んでいた。

犯人は捕まったが、これでは容易に復讐も出来なくなってしまった。

ある日・・・

男は古本屋で【悪魔召喚】と書かれた一冊の本を手に入れた。

こんなモノを信じてはいなかったが、何も出来ない自分が許せなかった男は“悪魔”を呼び出してみる事にした。

見事、悪魔は現われた。

悪魔「・・・お前の望みはなんだ?」

男「息子を殺した奴に、復讐がしたい!殺してやりたい!」

悪魔「・・・前払いで“お前の死”を報酬として貰うが良いか?」

息子を失った男は、自分の命など惜しくはなかった。

男「ああ・・・それで構わない・・・」

悪魔「・・・ならば契約成立だ」

数日後、轢き逃げ犯が謎の死を遂げたと聞いた男は、悪魔との契約の事を思い出した。

男「前払いで“私の死”ではなかったのか?だが私は生きている・・・。奴は、悪魔に殺されたわけではないのか?あの悪魔は嘘を吐いたのか?」

そんな疑問を抱え、数日が過ぎた頃、再び男の前に悪魔は現れた。

悪魔「・・・契約は果たした・・・さらばだ・・・」

男「待ってくれ!あんたは“私の死”を報酬にしたはずだ!・・・なのに、何故私は生きている!?」

悪魔「・・・たしかに、報酬は“お前の死”だ、勿論きちんと頂いた。」

悪魔は笑いながら、最後の言葉を残して消えた。


解説↓

男は、悪魔を召喚し、自分の望みを叶えた。

その代償として、悪魔に「死」を奪われてしまった。

「死」を奪われたというのは、命を奪われたということではないようだ。

「死を奪う」・・・つまり、死ねなくなったということだろう。

不死になったというのは、羨ましく感じる人も多いかもしれない。

でも、考えてみてほしい。

この男は、不老不死になったわけではない。

ただ、「死ねなくなった」だけなのだ。

つまり、歳と共に老化もすれば、もしも事故に遭えば苦痛を味わうことになる。

本来、死ねば楽になれるときでも、死ねないのだ。

どんなに苦しくて辛くても死ねないというのは、地獄の拷問ではなかろうか。

ましてや、「命など惜しくない」と思えるくらいの息子を失って、生きることが辛く感じている男にとって、この先死ねない人生というのは、永遠の苦しみに思えてならない。

さすがに、悪魔だ。

人を、どうすれば効率的に苦しめられるかを理解しているように思える・・・・
PR