意味がわかると怖い話 姉妹とベビーカー

意味がわかると怖い話 姉妹とベビーカー

はぁ。

気が滅入る。

急な坂が多いのよねこの辺。

帰りにこの坂を次女を乗せたベビーカー押して長女背負って登らなきゃいけないと思うと・・・

あぁ、また次女がぐずりだした。

アカネもうお姉ちゃんなんだからそのおもちゃアオイちゃんに貸したげなさい。

なにギューっと握ってんの。

離しなさい。

もう、独占欲の強い子なんだから。

痛い、痛い。

なによ。

髪の毛引っ張って。

無理矢理取り上げるわよ!

痛っ!なんて力なの。

やめなさい!

赤ん坊とは思えないつよい力で髪を引っ張られてあまりの痛さに両手でアカネの手をふりほどいた。

アオイの泣き声が遠ざかっていった。


解説↓

最後の一文。

「アオイの泣き声が遠ざかっていった。」

の部分で、このベビーカーが坂道を転げ落ちてしまったのが予想できる。

赤ん坊が、無事だと良いが・・・

大の大人が登るのに気が滅入るほどの、坂道から転げ落ちたら、普通に考えて大怪我では済まないように思える・・・・

何より、このお母さんは育児ノイローゼではないだろうか?
PR