意味がわかると怖い話 一家惨殺事件で助かった子供

意味がわかると怖い話 一家惨殺事件で助かった子供

ある地区で一家惨殺事件が起こった

その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ

妹(9)はちょうど出かけていてその悪の毒牙からは逃れれたらしい

警察が遺体を調べると父親がダイイングメッセージを残している。

「3」と「564」警察は首を捻った

そしてその家族の親戚も全員殺されたようだ

一気に身寄りのなくなった女の子、警察が事態が落ち着くまで世話をするという

しばらくして近所の無職(34)の男が逮捕された

男は何もしらない、俺は俺の家から一歩も出ていない、と供述している

女の子は怖がっている

警察官は女の子を勇気づけようとそっとささやくように話しかけた

「心配しないで、奈々ちゃん このいやな事件もすぐ終わるから。お父さんとお母さん、お兄ちゃんのかたきは必ずとるから!」

警察官はそう女の子に告げ椅子180度向きを変えた

女の子は嬉しいのか笑っていた


解説↓

家族がみんな殺された状態で怯えている子供が、笑っている。

それは、この子供が犯人だからではないのだろうか?

父親の残した「3」「564」というダイイングメッセージのようなもの。

これは、単純に語呂合わせの「皆殺し」として読もうとすると、「7」が足りない。

一人助かった女の子の名前が、「奈々」なのは、偶然だろうか?

父親は、この「奈々(7)」が犯人だと伝えたかったように思えてしまう・・・・
PR