意味がわかると怖い話 スーパーの精肉店

スーパーマーケットの中に入り、通路を奥に進んだ先には、肉や魚をさばいてパック詰めするような従業員だけが入れる場所がある。

売り場とは、扉でつながっている。

ワゴンに、パック詰めされた魚やお肉を乗せた従業員が出入りするところを、見かけた人も多いと思う。

先日のこと。

近所のスーパーに買い物に行ったとき、その例の扉から、従業員が2~3人慌てた感じで精肉売り場まで飛び出してきた。

「先輩、どれがですか?」

「全部だよ、全部っ!!今日の並べたやつ、全部だ!!」

会話から、ただ事でない雰囲気がこちらに伝わってくる。

従業員たちは、急いだ手つきで売り場の肉を片付けていた。

すぐに思い浮かんだのは、偽装牛肉やらの騒動。

このスーパーでも、そういったゴタゴタがあったのだろうか?

半分、野次精神で彼らの様子を眺めていると、店に救急車がやってきたようだった。

従業員が応対をしている感じで、救急隊員は裏口から回って入ったようだった。

偽装問題ではなく、食中毒患者だったのか?

解説↓



精肉加工をしていたスタッフが、機械で自分の身体ごとミンチにしてしまったのだろうと予想できる話。

kZzKW8iXLMtQTj11496491772_1496491785.jpg

果たして、身体のどこをミンチにしてしまったのだろうか?

指なのか、腕なのか、それとももっとなのか・・・・

想像すると、ちょっとグロテスクな怖い話だ。
PR