意味がわかると怖い話 娘を虐待する母親

意味がわかると怖い話 娘を虐待する母親

「お姉ちゃん、お母さんが怖いよ」

「大丈夫、私が守ってあげる」

私はそう言って、アザだらけの妹を抱きしめた。

私たち姉妹は、母に虐待を受けていた。

父が死んで以来、母は精神的に病んでしまい、

自分が、誰なのかすら理解できていないようだった。

そんなある日。

学校から帰ると、廊下に何かを引きずったような赤黒い跡。

と、ほんの一瞬、何かが視界の隅をよぎる。

赤い液体の滴る袋を引きずりながら、廊下の角を曲がっていく女。

あの青い花柄のワンピースは・・・母だ。

間違いない。

袋の中身は・・・いや、そんなはずはない。

赤黒い跡を追い掛けてみると、タンスの前で途切れていた。

母の姿は見えない。

意を決してタンスを開くと、そこには袋があった。

・・・恐る恐る袋を開けて、愕然とした。

袋には夥しい数のぬいぐるみが、詰まっているだけだった。

「そうなんです。私には妹なんていなかったんだ。そうなんですね?先生」

「はい、そうです。だが、あなたはまだ、気づいていないことがある。」

私は混乱し、うつむいて青い花柄のワンピースのすそをぎゅっと握った。


解説↓



母も姉も、同一人物のようだ。

9jj2vf_DI1b9CuW1495877911_1495877931.jpg

この母親は、二重人格に近かったのではなかろうか。

母親の中に、娘のお姉ちゃんの幻が存在し、自分自身がそのお姉ちゃんになりきっていたのだろうと想像できる。

我が娘を虐待しながらも、どこかで罪悪感を感じて、娘を助けるポジションの人間を幻の中で作りしていたということ。

こんな状況、娘からすると、非常に怖かったことが想像できる。

母が自分を虐待したかと思ったら、突然豹変し今度は助けてくれるのだから、きっと混乱し続けたことだろう。
PR