意味がわかると怖い話 血まみれのサンタクロース

意味がわかると怖い話 血まみれのサンタクロース

「わぁい、ありがとうパパ!」

「パパじゃなくて、それはサンタさんがくれたんだよ、なあママ?」

「ふふ そうね」

サンタさん

サンタさん だいすき!

ぼくね おっきくなったらサンタさんになるんだよ

きょうはもらったおもちゃでまだまだあそぶんだ

ごとん

あれ 何の音だろ?

パパがサンタさん

ママがサンタさん

サンタさんが

あれ?

ぼくもサンタさん

キャハハ♪


解説↓


この話は、途中で場面転換が入る。

「今日はもらったオモチャでまだまだ遊ぶんだ」

と子供が言っている場面は、すでに両親とは違う部屋にいるようだ。

で、「ゴトン」という音を聞き、両親のいる部屋に行ってみる子供。

すると、そこには血まみれの両親の姿が・・・

2ABBvwczPuc3IwY1494677759_1494677774.jpg

子どもはそれを見て、サンタクロースの格好をしているパパとママだと思ってしまったようだ。

家に、強盗でも入ったのかもしれない。

次の瞬間、「僕もサンタさん」と言っていることから、おそらく子供も刺されてしまったのだろうと予測できる。

あまりに突然のことで痛みを感じていないのか、自分の赤い血を見て

「きゃははは」

と、笑っている子どもが非常に不気味だ・・・・
PR