意味が分かると怖い話 嫌いな上司に呪いをかけたら

彼女には、嫌いな上司が会社にいた。

太っていて脂ぎっている。

眼鏡も異常にダサい。

うっすらハゲているのに、必死に隠そうとしているのが情けない。

ハゲていて、デブで、ダサ眼鏡の、マイナス三拍子が揃った上司を、嫌っていたのだ。

ある日のこと。

彼女は、「あ、白髪発見!」とウソをつくと、上司の髪の毛を一本頂戴した。

その髪の毛を、知り合いの呪い代行人に渡すと、丑の刻参りをしてもらうことにした。

だが・・・待てど暮らせど、上司に呪いはかからずに、何年経ってもピンピンと元気だった。

呪いの藁人形に入れた1本の髪の毛も、何年経過しても朽ちることはなかった。

解説↓


「髪の毛が朽ちることはなかった」というところから、上司の毛は人工毛なのではないか、と想像できる。

つまり、上司はカツラだったのだ。

cOx5FPErla83G2f1491741364_1491741369.jpg

ただ、仮に、その呪い代行屋が詐欺師で「そもろそも呪いなんてかけていない」という解釈もできなくはない。

笑えるオチとしては、「上司がカツラだった」だけれど、リアルにありそうな怖い話としては「代行業会社がイカサマ師だった」というオチではなかろうか。
PR