意味がわかると怖い話 カブト虫とお父さん

意味がわかると怖い話 カブト虫とお父さん

思わず背筋がゾクッとしてしまうような、物語・・・・

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。

ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。

男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引き裂いた。

「何をやっているのっ!?」

息子の異様な行動に母親が鬼の形相で怒鳴る。

「動かなくなったから電池を換えようとしたんだ。」

母親は悲しい顔をして、もう死んでいるのだと言い聞かせた。

すると息子は不思議そうな顔で母親を眺めて言った。



「だってママはパパが動かなくなったときにお腹を切ってたでしょ?」

次の日母親は、警察に息子の捜索願いを出した。


解説↓



この話はそうとう怖い。

おそらく、説明不要で意味は分かると思うけれど、確認のために。

nhU8ZKjHdGGn91X1484983274_1484983277.jpg

息子がカブト虫のお腹を開いて電池交換しようとしたのは、前に母親が父親のお腹を引き裂いているのを見たからのようだ。

息子は母のその姿を電池交換だと思ってしまったのだろう。

そして、息子に夫殺害を目撃されていたことに気が付いた母は、人前で証言される前に息子の口封じを図ったのだ。

母は、完全におかしな精神状態になってしまっている。
PR