意味がわかると怖い話 死んだ妹の日記

意味がわかると怖い話 死んだ妹の日記

病死したはずの妹からのメッセージに、気が付いてしまった兄・・・・

少女は11歳だったが、病死した。

家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。

14歳の兄が少女の部屋へ行くと、机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。

日記の最後のページは、少女が死んだ日の前日のものだった。

日記にはこう書かれていた。



例えば私の一番好きな食べ物がイチゴであるように、

例を挙げればきりが無いけど、誰にも好き嫌いはあるんだと思うの。

咲く花も散る花もでもみんなとてもきれい。

ろくでもない花なんて絶対にないと思う。

子供だって大人だってみんな花のようなものなの。

人間はみんな花な

んだとつくづくそう思う・・・。

さあ私も花なんだからきっと散る日もくるんだと思うけどそれまでは精一杯生きよう。

新しいことを始めたい。

かわいくなりたい。

大人になってみたい・・・。



兄は妹の日記を読んで泣いた。


解説↓


お兄さんが泣いたのは、妹を失った悲しさだけではないのかもしれない。

この日記には、妹さんの隠されたメッセージがあるようにも思える。

nikiaia.jpg

日記の文字が不自然なところで区切れているのだ。

妹さんは、11歳ということだから小学5年生。(場合によっては6年かも)

5年生で、この区切り方は不自然だ。

ということは何かあるのではなかろうか?

文章の一列目だけを並べてみると、

「例、例、咲、ろ、子、人、ん、さ、新、か、大」

さらに、漢字の一文字目だけひらがなに変換すると、

「た、れ、さ、ろ、こ、に、ん、さ、あ、か、お」

この平仮名を、逆から読んでみてほしい。

「お母さんに、殺された」

と、解釈できてしまう。

妹さんが、どういう意味でこの言葉を言っているのかは分からない。

でも、14歳のお兄さんには、事の真相を確かめてもらいたいと願う・・・・
PR