意味がわかると怖い話 ドラクエ

意味がわかると怖い話 ドラクエ

もう昔の話だが、ガキの頃はいつも親友のAとお喋りしながら学校から帰っていた。

俺「なぁ来週テストだろ?明日一緒に勉強しようぜ」

A「わりぃ、明日はドラクエ1の発売日だから学校サボって買いに行くわw」

俺「お前毎日徹夜でゲームばっかやってて授業中も殆ど寝てるクセに、成績いいよな」

A「・・・俺、実は未来予知能力があってさ。テスト内容分かるからいい点取れるんだ・・・」

俺「はぁ?wそんな能力あるんなら俺にくれよ、競馬当てまくって金稼ぐわー」

A「・・・バカ、冗談だよw」

俺「つまんねー」

次のテストで、Aは満点を取った。今思えばそれは当たり前の事だったのだ。


解説↓



ドラクエ1が出たときは、誰もドラクエ1とは呼んでいなかった。

「2」が出たときに初めて「1」と呼ばれるようになったのだ。

つまり、Aは未来が見えていたということである。

未来を知っているなら、テストの問題を知っていてもおかしくない。
PR