意味がわかると怖い話 産婦人科にて

意味がわかると怖い話 産婦人科にて

ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。

その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと赤ん坊は死んでいた

病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した

出産のとき母親は意識がなく、自分が産んだ赤ん坊をまだ見てはいない

そして見た目が瓜二つな赤ん坊を選んだため、見破られることはないはずだった

次の日、母親は赤ん坊と対面するなり鬼の様な形相で叫んだ

「こいつは私の赤ちゃんじゃない!!」


解説↓



母親が殺したから、赤ちゃんは死んでいた。

自分の手で殺したはずだから、生きた赤ちゃんを渡されれば、自分の子じゃないことがすぐにわかる。

お腹を痛めて産んだ子を、すぐに殺してしまった理由は謎。
PR