意味がわかると怖い話 息子の特殊能力

意味がわかると怖い話 息子の特殊能力

俺の息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をじっと指さすという、妙な癖があった。

指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのは、つい最近のことだ。

今日も、テレビをつけようとしたとき、息子は、じっと画面を指さしていた。

付いたテレビには、大物議員の姿が。

へえ、こいつも死ぬのか。


解説↓



息子はテレビをつける前に指をさしている。

暗いテレビ画面に反射した人物が死ぬと教えている。

つまり、大物議員が死ぬのではなく、「俺」が死ぬのだ。
PR