意味がわかると怖い話 家が荒らされていた

意味がわかると怖い話 家が荒らされていた

「すいませーん、警察ですがあけてもらえますか?」

「ああお巡りさん、助けてください!窓ガラスが割れてて家の中が荒らされてるんです!」

「これは大変だ、さっき一人暮らしの女性が何者かにレイプされた上殺されて金品を奪いとられてたんですよ。それで警戒を呼びかけていたんだが、この様子じゃここら辺に潜んでるかもしれない。」

「お巡りさん、私こんな状態じゃ怖くて怖くてたまりません。」

「それじゃあ、窓だけでも何とか塞いでみましょう。」

~30分後~

「お巡りさん、本当に助かりました。お茶でも飲んでってください。」

「ありがとうございます、のどがからからだったんで助かります。」

トゥルルルル トゥルルルル

「たぶん妹からですわ、ちょっと失礼。」

『もしもしお姉ちゃん大変なの!お姉ちゃんの家の近くで強盗殺人犯が逃走中だってさっきテレビでいってたの!』

「ああ私なら大丈夫よ、本当に心配しないで。」

『私もすぐ行くから。気をつけてねお姉ちゃん。犯人はお巡りさんの格好してるらしいから。絶対に誰が来てもドアを開けちゃだめよ!』

ガチャン ツーー・・・・・


解説↓



犯人はお姉ちゃんと一緒にいたお巡りさんだったようだ。

おそらくお姉ちゃんはもう、この世には・・・・
PR