意味がわかると怖い話 スキー場のリフト

意味がわかると怖い話 スキー場のリフト

ぼくはスキーリフトに乗っていた。隣に座ったのは、知らない男だ。

男は山の中ほどまで上るまで無言だった。が、そこで口を開いた。

「スキーは10年ぶりですよ。」

「どうしてです?」と尋ねると、「刑務所にいたんです」という。

ぼくが黙っていると、相手は「訳を知りたいですか?」と尋ねた。

「いや、別に」

「そうおっしゃらずに聞いて下さい」と、男。

「全く会ったこともない人間を観覧車から突き落としたんです」


解説↓



隣の男は、今まさに「ぼく」をリフトから突き落とそうとしている可能性がある。

または、「ぼく」を怖がらせて楽しんでいるサディストなのかもしれない。

どちらにしても、かなり危ない人物のようだ。
PR