意味がわかると怖い話 少女とお星様

意味がわかると怖い話 少女とお星様

少女のところにお星さまが降り立ちました。

「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」

お星さまはいいました。

少女は泣いていました。

「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」

次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんとおとうさんとおにいちゃんがいました。

少女は後悔しました。

その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。

「気に入ってもらえたかな」

少女はいいました。

「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」

お星さまはいいました。

「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」

少女は泣きました。


解説↓



この話は2通りの解釈ができるようだ。

1つ。

「家族を消して」+「ちょうだい」の意味。

つまり、前の家族が消えて、今度はもっとひどい家族が現れてしまったということ。

ただ、これだと願いが2つになってしまうため、説としては弱いかもしれない。

2つ。

少女は養子だった。

つまり、血の繋がった方の家族が消されてしまい、今一緒に暮らしている血の繋がらない家族が残ってしまったということ。

こちらの方が、有力だと思われるが、こちらが真実だとするとなんだか残酷な話である。

少女は、もう二度と血の繋がった家族に会えないのだから・・・・
PR