意味がわかると怖い話 死体の消える井戸

意味がわかると怖い話 死体の消える井戸

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていなかった

次の日も、次の日も死体はそのままだった


解説↓



この話は、「死体がなぜ消えてしまったのか?」という謎がある。

ポイントとしては、母親を殺したときだけ死体が消えなかったことだ。

お分かりいただけるだろうか?

そう、ずっと死体を片付けていたのは、母親だ。

母は息子の殺人を隠ぺいしていたのだ。

元ネタは、阿刀田高さんの迷路という短編小説らしい。
PR