意味がわかると怖い話 8階のボタン

意味がわかると怖い話 8階のボタン

友人の話


その友人は高層マンションに住んでいます。

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須なのですが。

夜中に帰宅したときのことです。

エレベーターに乗って14階のボタンを押し、ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯したそうです。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』

そう思った直後、ハッとした友人は慌てて2階3階4階5階とボタンを連打しました。

エレベーターは2階は通過してしまったものの、3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開けるほどの勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降りてマンションをあとにして、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。

『まぁ俺の思い過ごしだと思うけど、万が一ってこともあるしなww』

そう言った友人は、しかし夜間にエレベーターを使うのは今でも控えているみたいです。


解説↓



エレベーター内のボタンは、内側から押さない限りランプが点灯しない。

エレベーター内に乗っているのは、友人一人。

つまり、8階のランプが点灯するはずがないのだ。

この友人は、「8階に行ったらマズい!」と感じて、すぐに降りたようだ。
PR