意味がわかると怖い話 落石事故

意味がわかると怖い話 落石事故

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。

山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。

食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。

そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。

それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴ったが、すぐに「あぁ、なるほど。確かに降りなければよかった…」と妻の意図に気づく。


解説↓



親子がバスを降りなければ、バスが落石事故に遭わなかった可能性がある。(親子がバスを降りている時間の分、早くバスが進むため)

ただ、その落石の規模にもよるため、一概には言い切れないと思われる。
PR