意味がわかると怖い話 心霊スポットのトンネル

意味がわかると怖い話 心霊スポットのトンネル

ある仲良し4人組がいました。

4人はドライブをしていて、1人が「心霊スポットに行こう!!」と言うので、そこから一番近いトンネルに行きました。

その日は雨が降っていて視界が悪く、一層怖さが引き立ちました。

トンネルに入って車はゆっくりと進みます・・・

「暗くて何にも見えないね。」

「雨の音で、何も聞こえないしね。」

そんなことを話していると、1人の子が、ガクガクと震えだしました。

「どうしたの?」と聞いても何も答えません。

あまりの様子に4人はすぐに帰ることにしました。

帰ってから、震えていた子に聞きました。

「どうしてあんなに怯えてたの?」

するとその子は、

「あなた達気づかなかったの?」

「だって、トンネルは暗いから何も見えないし、雨が邪魔して何も聞こえなかったよ?」

「気づいてたんじゃない!!」


解説↓



トンネルの中で雨は降らないはずだ。

ということは、雨音だと思っていたものは雨音ではないことになる。

では、なんだろう?

おそらく、目に見えないナニカが車全体を外側から叩いていたのではないだろうか・・・・?
PR