意味がわかると怖い話 図書館の壁越し

本を借りに、図書館へ行く。

小説の特集コーナーは、壁際の棚にあり、色々と見てみた。

タイトルで気になったものを、手に取ってパラパラとめくってみる。

本を棚に戻すときに、ほんの一瞬だけど、棚の隙間から向こう側の人と、目が合った。

意味がわかると怖い話 図書館の壁越し

10分くらい吟味しただろうか。

良さそうな本を見つけたので、3冊借りるため司書さんのもとへ。

帰り道で、

「やっぱり、あの本も借りれば良かったかな」

なんて、今さら考えたりもした。

解説↓


壁際の棚なのに、向こう側の人と一瞬目が合っている。

普通に考えて、おかしなことだ。

その図書館の壁は、異次元の世界に繋がっていたのか。

もしくは、壁には地縛霊が住んでいるのか・・・・
PR