意味がわかると怖い話 悪魔に難病を治してもらう

意味がわかると怖い話 悪魔に難病を治してもらう

不治の病になったブロンドが悪魔を呼び出した。

「俺を呼び出したのはお前か、願い事は何だ?」

出てきた悪魔は言った。

「もっと長生きがしたい」

ブロンドは言った。

「簡単な事だ」

そう言って悪魔は火のついたローソクを取り出した。

それはかなり短くてもうすぐ燃え尽きそうだ。

「こ、これ私の寿命」

「そう、あと半年くらいかな」

そう言って悪魔は真新しいローソクを取り出し、それに火を移した。

「さあこれでお前の寿命は延びた、ま、言ってみれば今日が新しい人生の誕生日のようなものだ。」

そう言って悪魔は唄いだした。

「♪ハッピバースデートゥーユー、ハッピバースディ、ディア、ブロンドぉ、ハッピバースデイトゥーユー」

唄い終わったのでブロンドは、つい目の前のローソクをフーっと吹き消してしまった。


解説↓


解説不要だと思うが一応。

ブロンドは自分の命の燈火(ともしび)を、自ら消してしまったのだ。

つまり、その瞬間に死んでしまったことになる。

これはもしかすると、悪魔は最初からそのつもりで「ハッピーバースデー」ソングを歌ったのかもしれない。

なにせ、悪魔だから、天使ではないのだ。

無条件で命を助けてくれるというのはおかしい。
PR