意味がわかると怖い話 海外の危険地域

意味がわかると怖い話 海外の危険地域

田代さんは海外出張の多い仕事だった。どんな危険な地域でも仕事なら飛ばなくてはならなかった。

この時もアラブだかアラビアだかへ出張していた。

貧富の差が激しいこれらの地区は外国人にとっては大変に危険な地帯で警戒心が必要となる。

田代さんには現地に1人だけ多少日本語が出来て信頼のおける友人Aがいた。

今回の出張もAのおかげで無事に終わった。

明日は日本に帰国する。今日は最後の夜だった。

田代さんはAに報酬額を渡しながら言った。

「本当に毎回Aのおかげで助かっている感謝しているよ」

A「そんな事ないよ、田代さんが毎回お金くれてる私と家族が助かるね! 今夜は最後の夜ね。一緒に飲みに行こう!」

こうして飲みに行った。

そこはダウンタウンで喧嘩している人がいたり、誘って来る売春婦がいたり、Aが一緒じゃなかったらとても日本人が行ける所では無い程の危険地域だった。

Aに促されるまま飲み屋に入る。

薄暗く土蔵の様な店内。壁に直接書かれたアラビア文字が躍る。メニューらしい。

Aと徒然なるままに話しをしていると見知らぬゴージャスな出で立ちの男がAに話し掛けて来た。姿からしてアラブの金持ちらしい。

そして田代さんに馴れ馴れしく終始笑顔で話し掛けて来る。

はっきりは、聞き取れないが誘っている様だった。

Aは笑顔だったが遠回しに男の誘いを断ろうとしていた。

Aは男に見えない様に小さなメモを田代さんに渡した。

田代さんはトイレに行くふりをして席を外しメモを見た。日本語の平仮名で【たしろ こんにちは】と書いてあった。

Aのヤツ、今更、俺に挨拶かよ? なんだこりゃ?

意味がわからないまま席に戻ろうとした時に壁に書かれたメニューが目に入った。

ハッとした。

田代さんはAに急用があるから帰ろう! と告げて男に別れを告げながらAと一緒にホテルに逃げた。


解説↓

アラビア語というのは、右から左に読むらしい。

つまり、Aが田代さんに渡したメモも右から左に読むのだ。

「たしろこんにちは」 → 「はちにんころした」 → 「八人殺した」

Aは日本語に慣れていないためなのか、それとも殺人鬼を目の前にして動転していたのか、アラビア語風に日本語を書いてしまったようだ。

田代さんは、アラビア語のメニューを見て、文字を右から読むことに気が付いたのだ。

もしも、このメッセージに気が付かなかったら、田代さんは死んでいたかもしれない。
PR