意味がわかると怖い話 母の入浴剤

意味がわかると怖い話 母の入浴剤

今日風呂に入ろうとしたら本格的な温泉ぽい香りがしたので、母に「入浴剤替えたの?」と尋ねると、「そ、そうなのよ、今日特売で安かったから ^ω^;;)」というなんだかぎこちない返事が返ってきた。

しかしいざ入浴してみるとこれがなんとも気持ちがいい。体の芯から温まる。本当に温泉に浸かってるみたいだ。こんなものが特売だったなんて。

しばらく温泉気分を楽しんだ後、おもむろにボディソープを手にとる。・・・・・・・

手に違和感を覚えた。少しヒリヒリするような感じだ。そしてなにか嗅ぎ覚えのある臭い・・・・

小学校のトイレ掃除の時間が何年もの時空を越えていきなり鮮明に一瞬頭に現れた。

それと同時に、なぜか小6の修学旅行のときに行った箱根の大涌谷の映像も頭をかすめた。

臭い、手の感覚、バスルームの中の空気、頭の思考回路・・・すべてが異様であった。

そしてふと後ろを振り向くと、モザイクドアガラスのはるか向こうに、こちらをじっと伺うような黒いシルエットがゆらゆらと揺れているのであった。


解説↓



風呂からは温泉のニオイがしたとのことだが、温泉のニオイは硫化水素のニオイである。

語り手が感じている異常な症状は、もしかすると入浴剤ではなく、風呂には硫化水素が入れられたからかもしれない。

硫化水素は高濃度で吸い込めば、死亡することもある猛毒である。

しかも、高濃度の硫化水素は嗅覚を麻痺させ臭いが感じられなくなってしまうため、気づかずに致死量を超えて吸ってしまうことがあるようだ。

語り手は、思考回路や手の感覚に異常を覚えていることから、かなり危険な状態に思える。

ではなぜ、母は硫化水素を風呂に入れたのだろうか?

「入浴剤替えた?」の問いかけに対し、母はぎこちない返事をしていることから、語り手を事故死させようとしているのかもしれない・・・・
PR