意味がわかると怖い話 認知症の父から来たメール

意味がわかると怖い話 認知症の父から来たメール

私の父が施設にいたころ、父が散歩にでも出てそのまま連絡が取れなくなっても困るので携帯電話(ガラケー)をもたせていた。

父はボケていた。

父に携帯を買い与え、アドレスを交換したころは「これでいつでもお前と連絡が取れるなあ」なんて言っていたが、どんどんボケが進行する父には結局メールはおろか電話さえも使うことができなかったのだ。

ところがある日私の携帯に父からメールが来た。

件名はない、本文にただ「いわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわいわ」と打たれている。

はぁ?と思った。意味がわからない。と言ってもボケた父のことだ、意味などないのだろう。そう思っているとまた父からメールが来た。

今度も件名はない、本文に「いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいら」と打たれている。

何のことやら。結局ボケた父が訳も分からず携帯を操作しているうちに私にメールを送信してしまったのだろうと思って放っておいたのだが、まさかこれが父からの最後のメールになるとは・・・

その日父は施設で大暴れをし、階段から転落して亡くなったそうだ。もしや二件目のメールの「いらいら」とは何かいらいらすることでもあって私に伝えたかったのだろうか?

あの時、私がしっかりとメールを返していれば、父も暴れたりすることはなかったのかもしれない。


解説↓


認知症の父親の持っていた携帯はガラケーである。

ガラケーのボタンで「いわ」は、「110」でもある。

「いら」は「119」でもあるのだ。

この父が、メールではなく電話をしたかったのだとしたら、110番と119番に通報していたことになる。

この説が正しいのなら、この父親は階段から落ちてなくなったのではなく、誰かに殺されてしまった可能性があるのではないだろうか・・・・
PR