意味がわかると怖い話 普段と様子が違う母さん

意味がわかると怖い話 普段と様子が違う母さん

その日はよく晴れた日だった。

午後4時半、学校から帰って来た俺は居間でTVゲームをし、午後7時、家族で夕飯を食べた。

だが母親の様子がどこかおかしい・・・

いつも明るい母がまるで『得体の知れない何か』に取り憑かれたように静かなのだ。



俺は夕飯を食べ終え、違和感を感じながらも宿題をしようと自分の部屋へ行った。

部屋に入った瞬間、更に『形容し難い何か』を感じ取った。

しかし今日の宿題だけは絶対にやらなければならない理由があったので、不安を感じながらも宿題に専念した。

そして午後11時、宿題も終わりそろそろ寝ようと思い、ベッドに入った。

その瞬間なにか違和感を感じた。普段『あるもの』が足りないような感覚だ。

しかしそれが何か理解できず、どうしようもない恐怖、不安が俺を襲う。

そして更に足首になにか虫のようなものが這っているような感覚がした・・・

驚きのあまり布団から飛び出した俺は、その『這っている何か』を振り払った。

それは今まで見たこともないくらい巨大な女郎蜘蛛だった。

俺はもう限界だと思い、居間にいる父親と母親に相談した。


父親は「男なんだから蜘蛛ぐらいでビビってんじゃねぇ!!」と怒鳴り散らす。

そして母親は「・・・今日・・・天気よかったでしょ?・・・だから布団を干したのよ、その時にでもひっついたのかしらね・・・」と口を開いた。

あきらかに様子がおかしい。俺の知っている母さんじゃない・・・。

何かに取り憑かれ、みんなが寝静まってから父や俺を殺そうとしているんじゃないかと、普段考えもしないような妄想が膨らむ。

そして「・・・はやく寝なさい」と母が言った。俺は何も言わずに自分の部屋に戻り、恐る恐る巨大な女郎蜘蛛を退治し、もしも『何か』に襲われた時の為と思い、 護身用のナイフを枕元に置いておこうと思い、引き出しを開けた。

そこには普段ある筈のないものがあった・・・。

・・・なぜこの本がこんなところに・・・・・・・・・。



俺は全てを理解し、背筋が凍えた。


解説↓


なんだか、意味深な感じで語られているストーリー。

でも実はそれほど深刻な事態ではないようだ。

これはつまり、語り手の「俺」が母親にエロ本を見つかってしまったという話のようだ。

息子がエロ本を読み始めたことを知り、動揺する母親。

普段のような接し方ができないようだ。

事情を知らない息子の「俺」は、そんな母親を見て強い違和感を感じてしまっている状態である。
PR