意味がわかると怖い話 仲良し女子4人組で海水浴

意味がわかると怖い話 仲良し女子4人組で海水浴

私達は、仲良し友達の4人組w

今日は前々から計画を建ててた旅行の日。

海水浴が出来る旅館でわくわくw

行く途中でおいしそうなラーメン屋を見つけて入ることにしたの

女4人ならこわくないw

店中大盛況で、しばらくの間

私達のテーブルに店員が来なかったけど

店入ってからすぐお手洗いにいっていた友達がテーブルについて

店員を呼んで私達の注文をまとめて言ってくれた

店員はぎょっとした目をしてたけど女だらけで

ラーメンを注文するのはそんなにめずらしいのかしらw

やっと、旅館についたw

古そうだけどなかなか格式ありそうじゃんw

私達はさっそく水着に着替え、隣接する砂浜にゴーw

友達の一人が溺れそうになったけれど

泳いだり、バレーボールをしながら楽しい時間はすぎていった。

部屋に帰るとデジカメで取った写真を見ることにした。

「え~、なにこれ~、風景しか写ってないじゃんw」

ちょっと天然な友達が写真係だったから仕方ないかw

楽しい時間も終わり、翌日になって、みんなでショッピングにいくことにしたの。

とても楽しい・・・、なんか永遠に感じる。

このまま永遠に続いていけばいいのになぁ


解説↓


これはおそらくだが、この仲良し女子4人組の4中3人は、この世にはいないのではないかと思われる。

この中で生きているのは1人だけである。

そう考えると、ラーメン屋でなかなか店員が来なかったことも、1人でたくさん注文したことで店員がぎょっとしたことも頷ける。

ちなみに生きているのは、トイレに行った友達である。

その友達が、海水浴で写真撮影したため、誰も映っていなかったのだ。

他の子たちは皆、この世にはいない存在だから・・・
PR