意味がわかると怖い話 天国に旅立った姉の幽霊

大学生の姉貴と、レンタルで借りてきたジャパニーズホラー映画を見ているときのこと。

「日本人は、女の霊を怖がる傾向が強いから、和製のホラーには女の幽霊が多いんだよ。」

と、ネットで得たウンチクを披露した。

姉貴は、あんまり関心がなさそうに

「ふーん」

と言っただけ。

それから、数日後のこと。

俺が、学校から帰ってきたら、居間の窓から家の中に女の姿が見えた。

女は白いワンピースを着ていた。

この角度じゃ顔は判別できないけれど、すぐに「姉貴、もう帰ってきたのか」と思う。

でも、家の中に入っても姉貴の靴がない。

おかしいな、とは思いつつ居間に顔を出す。

居間には、姉貴はいなかった。

姉貴の部屋を覗いてもみてもいない。

どこ行ったんだ?と、家中探してみたけれど、姉貴は見つからない。

さすがに、少し気味の悪さを覚えながら、自分の部屋に戻った。

着替えるために、制服の上着を脱ぎ、クローゼットににしまおうとした瞬間、クローゼットが突然開いて

「ばあっ!」

と、姉貴が飛び出してきた。

意味がわかると怖い話 天国に旅立った姉の幽霊

驚いて尻もちをついてしまった俺を、まるで勝ち誇ったかのように見つめながら、

「怖かった?あははははーーー。」

と笑っている姉貴。

くそ、やられた。

たぶん、この前俺が話した幽霊の話に触発されたんだろうと思った。

あのときは、興味なさそうにしてたくせに・・・

「なんで着替えたの?さっきのワンピース似合ってたように見えたけど。」

姉貴は、ワンピースからセーターとジーンズに着替えていたのだ。

でも、姉貴は「ワンピースなんて知らない」とごまかしていた。

怖がらせるための演出なのかもしれないと、俺は判断した。

―――そんな姉貴との思い出が詰まった部屋。

姉貴は、同年の冬、交通事故で天国へと旅立った。

一見クールだけど、ああいうイタズラを仕掛けるお茶目なところもあったんだ。

そんなかわいい姉貴は、もういないのだ。

でも、俺は知っていることがある。

亡くなってしまった姉貴は、今でも俺達家族を見守ってくれているんだ。

堂々と姿を見せてはくれないけれど、ときどき少しだけ姿を見せてくれる。

姉貴はいつも、あのイタズラの日と同じ、白いワンピース姿だ。

解説↓


生前、お姉さんは「白いワンピースは知らない」と言っている。

これが本当だとすれば、白いワンピースの女はお姉さんじゃないということになる。

全く知らない女の幽霊なのだ。

もしかすると、お姉さんの死も、この幽霊の存在と関係しているのかもしれない。

そう考えると、今後のこの家族の行く末が非常に怖い・・・・
PR