意味がわかると怖い話 交通事故多発地点

意味がわかると怖い話 交通事故多発地点

とある田舎のとある峠道に自動車事故多発地点があった。

そこで事故を起こす車は決まって同じカーブでハンドルを切り損ねて道の脇からがけ下に転落、というもので、いつも現場の道路には急ハンドルを切ったようなタイヤの跡が付いていた。

そこでまた事故が起こった。

しかし今回はいつもと事故の内容が違っており、轢き逃げだった。

車が少女を跳ねてひき殺してしまったというものだった。

しばらくして轢き逃げ犯がつかまった。

取調室で犯人はこういった。

「少女が道の脇から、突然とても楽しそうな表情で飛び出してきたんです」

と。


解説↓


なぜいつもその峠道で、車の事故が多発していたのだろうか?

もしかすると、今回轢かれた少女がいつも車道に飛び出していたからではないだろうか?

飛び出してきた少女を避けるために、車はハンドルを切り、事故が起きていたと考えると辻褄は合う。

事故を起こすために、笑顔で車道に飛び出す少女、想像すると不気味である。

少女はもう亡くなってしまったため、事故は2度と起きないと思われる。
PR