意味がわかると怖い話 学校から帰宅すると

意味がわかると怖い話 学校から帰宅すると

少年が小学校から帰宅。

「ただいま」

少年はランドセルを自室に置くと、リビングへ直行した。

台所では、トントントンと包丁を叩く音が響いていた。

少年は16:00~19:00までビデオゲームをしていた。

覚えている限り、少年は2度トイレへ行き、ゲームの攻略法を聞きに、台所前の廊下(玄関から続く)にある、電話の子機を取りにリビングを離れた。

ちなみにゲームをしていた時刻は概算ではあるが、少年はほぼ間違いないと言っている。

「お母さん、今日の夕飯なに?」

少年はテレビに目を向けたまま、母親にたずねた。

母親は料理の準備をしているのか、返事もせず包丁で叩き続けていた。

少年は母親はあまり機嫌がよくないと思い、無視されても気にしなかった。

ゲームに飽きた少年はテレビ番組を見つつ、19:35あたりに風呂に入ろうとした。

風呂釜には水も張っておらず、文句を言おうとしたがやめたという。

風呂がわきテレビを見るのをやめ、20:00ほどに少年は風呂に入った。

風呂場で遊びながら、少年は空腹を感じたという。

風呂からあがって上半身裸のまま、少年は台所へ向かう。

「お母さん、晩ご飯まだ?」

少年はそのとき、初めて違和感に気づいたという。

「……おばさん、誰?」


解説↓


この話には、怖い点が2つある。

1つは、説明不要の部分、自分の家の台所にお母さんではなく、知らないおばさんがいる点である。

本物のお母さんは、家事をほったらかして、どこに消えてしまったのだろうか?

そして2つ目は、その知らないおばさんは、4時間以上もの間、他人の家でずっと包丁を叩き続けている点である。

一体、4時間以上包丁を叩いて何をしているというのだろうか?

もしかして、本物のお母さんの遺体を包丁で刻んでいるというオチだったりして・・・・
PR