意味がわかると怖い話 家政婦への命令

意味がわかると怖い話 家政婦への命令

ある日、男が家に電話をかけると、彼の妻ではなく知らない女が電話を取った。

不審に思った男は彼女にたずねた。

「誰だね君は?」
「私はこの家で働いているメイドです」
「うちではメイドは雇ってはいないはずだが…」
「ええ、でも私は今日奥様に雇われたばかりなので、ご主人にはお会いしていません」

夫はまたかと思い、苛立ちを隠さず言った。
「妻に替わってもらえるかね?」
「奥様は今寝室で休んでおいでです。いっしょにいる男性がご主人だと私は思っていたのですが…」

それを聞いた男は何かを考え込むようにだまり、そして思いきったように言った。
「君は5万ドルほど稼いでみる気はないかね?」
「…どうすればいいんですか?」

男は静かに言った。
「電話台の下の引き出しに拳銃が入っている、弾は既にこめられている。君がやるのは二階へ行って二人を撃ち殺すことだ。できるかね?」
「分かりました。やりましょう」

受話器が置かれる音がした。そして階段を上っていく足音が聞こえた。
そのあと2発の銃声が聞こえた。そしてまた階段を降りる足音がした。

メイドが電話に戻った。
「もしもし」
男はほくそえんで訊いた。
「やってくれたかね」
「ええ、死体はどう処分しましょう?」
「そうだな、プールにでも放り投げておいてくれ」
「プール?家にはプールはありませんが…」


解説↓


どうやら、男は間違い電話をしてしまったようだ。

つまり、全く知らない人の家に電話をして、自分の妻が浮気をしていると勘違いをしてしまったのだ。

挙句、殺人の命令をしてしまったわけだ。

ブラックなアメリカンジョークのような話である。
PR