意味がわかると怖い話 サイコパスな王様

意味がわかると怖い話 サイコパスな王様

とある国に王様がいました。

その王様は中年でとても残酷で、週に一回国民を一人お城に連れてきて、拷問したり猛獣と戦わせて楽しんでいました。

そんなある日、国民の一人が言った。

「みんなで協力して王様を倒そう」

言い出したのは優しくて有名なある青年です。

しかし、ある日青年は王様を倒す計画を練っている時に、突然消えてしまいました。

その代わりに見知らぬ中年のおじさんが、計画に協力してくれることになりました。

こうして国民は王様を処刑しました。

そこで新たな問題が発生しました。

次の王様は誰がするのか、という問題です。

みんなで話し合っていると、あの中年のおじさんが

「私がやりたい」

と言い出しました。

国民は反対をしましたが、そのおじさんは以前に政治の活動を経験したことがあると言って、半ば強引に王様になりました。

それから一ヵ月後にその新しい王様は、以前の王様を倒す計画に参加していた国民をお城へ呼び出して

「今日はお祝いに食事でもしようじゃないか」

と言ってそれは豪華なもてなしをしてくれました。

しかし、その国民たちはお城からは出てきませんでした。

それからさらに一ヵ月後、新しい王様は、週に一回国民の一人をお城へ連れてきて、拷問したり猛獣と戦わせて楽しんでいました。


解説↓


もうお分かりだと思うが、王様とおじさんは同じ人物だったようだ。

つまり、ずっと同じ人物が王様をやっているのだ。
PR