意味がわかると怖い話 1つだけ願いが叶うなら

意味がわかると怖い話 1つだけ願いが叶うなら

地球のみなさま、こんにちは。

驚かれるのも無理はありません。

私は今地球のみなさまに向けて直接、頭の中に話しかけております。

申し遅れましたが私は神の下で働いている者でございます。

さて、今度私がみなさまに直接話しかけることとなりましたのは他でもありません。

みなさまに重大なお知らせがございます。

今度地球は誕生から、宇宙時間の一周期に達しました。

そこで、これをお祝いいたしまして、神が一つだけ願い事を叶えて下さることになりました。

くわしく説明させていただきますと、みなさまにはそれぞれ一週間以内に願い事を決めて頂きます。

そうしましたら一週間後に神に向かって、自分の願い事を一つだけ念じて下さい。

それを私共が集計いたしまして、一番多かった願い事を一つ神が叶えることになっております。ではよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーー

ある日のこと、突然届けられたメッセージ。

一番多い願いを一つだけ叶えてくれるらしい。

とたんに世界は大混乱に陥った。

「今地球に足りないのは資源だ。それを戴こう!」

「いや平和が一番だ。核兵器をなくせ!」

「そんなことより金だ、一生暮らせる金をくれ!」

騒ぎをしずめ、願いを一つにまとめるため、A国の大統領を中心に国際会議が招集されるが、各国の利害が対立し混乱を増すばかり。

このままではいけない。

そこで、大統領は世界のためにある決断をした。

それは、みんなが願うことをやめようという呼びかけだった。

「みんなが勝手に願おうとするから、世界は混乱するんだ。ならばいっそのこと、願いなんてないほうがいい。」

初めて世界が一つになろうとしていた。

そして、いよいよ願いを叶える日。

みんなは緊張した面持ちで神に願った。

「みなさん、こんにちは。私は先日ごあいさつさせて頂いた神の使いでございます。さて、先ほど集計が終わりまして、神が叶えて下さる願いが決定したので発表させて頂きます。 私共としましては色々な願いがあるだろうと思ったのですが、意外にまとまっておりました。いえ、これは余談です。それでは発表いたします」



「今度神が叶えることになった願い事は・・・人間以外のほとんどの生物の願いである、『人間を地球上から消滅させて下さい』に決定しました。みなさま、次の一周期を目指して地球を大切にして下さい。それでは御機嫌良う」

そんなわけで、人間たちが最後に聞いたのは、動物たちの歓喜にも似た鳴き声だった。


解説↓



神様の使いは、「地球の皆様」と声をかけているため、人間以外も対象だったようだ。

もしも、動物たちが言葉を理解し、この物語のように神の使いが現れ同じようにメッセージを発信したとしたら、本当にこのような結果になるかもしれない。

多くの人間たちは決して悪い人ではないと思う。

少なくとも、望んで他の生物の血を見たい人は少ないはずだ。

でも、実際我々人間は多くの生物を殺しすぎている。

そういう意味で、とても考えさせられる物語だ。

ちなみに、この物語の元ネタは「星新一さんの、ショートショートの広場(8)」である。
PR