意味がわかると怖い話 運命的な出会いの交通事故

意味がわかると怖い話 運命的な出会いの交通事故

2台の車が正面衝突の事故を起こした。

片方の車には若い男が、もう片方の車には若い女が乗っていた。

双方の車は完全に大破していたものの、二人は無傷だった。

なんとか車から這い出ると、女は言った。

「男の人だったのね、なんてステキ!ねえ車を見て。もう車はダメみたいだけど、あたしたちは幸運にもケガはないみたい。きっと神様があたしたちを巡り合わせてくれたのよ。 今後は親しくなっていって、二人で残りの人生を楽しみなさいってことじゃないかしら?きっと運命的な出会いだったのよ!」

相手の女がタイプだったのか、男は喜び返事をした。

「そうだとも!まったくその通りだ!」

女は、自分の車の助手席付近から何かを取り出しながら、男にこう言った。

「ねえ、もう1つ奇跡が起きてるの。あたしの車はもうめちゃくちゃなんだけど、このワインは無事みたい。これって、アレじゃない?このワインでお祝いをしなさいって、神様からのプレゼントなのよ!」

女はワインを男に手渡すと、男は納得し、キャップを開けて半分飲み干し、女に返した。

女はワインを受け取ると、すぐにキャップを閉めて男に再度渡した。

男を言った。

「どうした?きみはやらないのか?」

女は返事をする。

「お巡りさんが、もうすぐ来るわよ。」

解説↓



実際のところ、この交通事故、どちらに大きな過失があったのかはわからない。

でも、男は女の口車に乗って、ワインを大量に飲んでしまった。

つまり、飲酒したのだ。

もうすぐ来るはずの警察は、男の息からアルコールを検出することだろう。

真実はどうあれ、飲酒運転をしていた男に大きな過失があることになってしまうわけだ。

事故の直後に、こんなことを思いつくしたたかなこの女が、怖い。

そして、アメリカンジョークのようなオチである。
PR