意味がわかると怖い話 アフリカのライオン

私が、アフリカで写真の撮影をしていたときのことだ。

望遠レンズで、遠くの方を見ていると大木に地元住民と思われる人達が10人ほど登って下と見ているのが目に入った。

大木というのは、バオバブではなく普通の樹木だった。

木の下には、ライオンがノンキな感じで座っている。

意味がわかると怖い話 アフリカのライオン

ライオンのそばには、帽子が一つ落ちているのが見えた。

木の上に登っている人達は、皆同じ帽子を被っている。

落ちているのも、全く同じ帽子だった。

「ああ、なるほど。帽子を落としてしまったのに、木の下にはライオンがいるから、取りに行けないのか!」

と、すぐに理解できた。

私は、クスッと笑うと、カメラから顔を上げて、次の撮影に向かうことにした。

解説↓


木の上の人たちは、皆が同じ帽子を被っているということは、その中の人で帽子を落とした人はいないのではなかろうか?

また、ライオンが獲物が目の前にいてもノンキにしているということは、今はお腹がいっぱいなのではないだろうか。

この2つを繋げて考えると、木から落ちた人がライオンに食べられてしまったと、考えられる・・・・
PR