意味がわかると怖い話 6歳の少女と洗濯物

意味がわかると怖い話 6歳の少女と洗濯物

私リサ、6歳。

リサは最近嬉しいの。だってパパが早く帰ってくるから。

いつもは夜遅いのに、最近は学校から帰ったら毎日おうちにいるの。

いっぱい遊んでもらえるの。だから、リサは今とっても幸せ。

この前はね、パパとママとリサで一緒に洗濯物をたたんだの。

干してあるヤツを部屋に入れて、たたんで、押し入れにしまったの。

リサ、とっても上手にできたんだよ。だからね、今は毎日やってあげてるんだ。

こないだ学校から帰ったらね、パパもママもいないの。

タイクツだからまた洗濯物をたたんであげたの。

でもね、パパとママのズボンはまだたたんでないの。

いつもと違って部屋に干してあったんだけどね、いくら引っ張っても取れないの。

ズボンにくっついてた靴下は取れたんだけどね。

だからまだ部屋にぶら下がったまま。ママに取ってもらわなきゃ。

あ~、パパとママ遅いなぁ…。おなかもすいたなぁ…。

リサね、もう3日何も食べてないの…。


解説↓


順を追って考えてみよう。

普段は帰りが遅いはずのパパが早くに帰ってきていた。

さらに、語り手の「リサちゃん」は「最近嬉しいの」と言っていることから、パパはある日を境にずっと家にいると考えられる。

となると、パパがサラリーマンならリストラされたのか?

パパが会社経営者なら会社が倒産したのか?

このどちらかだと考えられる。

そして、「リサちゃん」が3日も何も食べていないことから、パパとママは夜逃したのか自殺してしまったのかのどちらかではないだろうか。

もしかすると、「いくら引っ張っても取れない洗濯物」というのは、パパとママの首つり死体のことだろうか?

6歳ともなれば、人の死はもう分かる年齢だろう。

それなのに、パパとママの遺体を見て「洗濯物」だと思ってしまっているのは、現実を受け入れられないのか、気がおかしくなってしまったのかのどちらかではないだろうか・・・

残酷な話である。
PR