意味がわかると怖い話 車で轢いた男の子

意味がわかると怖い話 車で轢いた男の子

俺が夜中に車に乗ってたら、前に小学生くらいの男の子がいた。

「こんな時間に、危ないなー」と思っていたら、なんだか様子がおかしい。

ふらふらとしている。

と、急に男の子は車道に転がった。

キキキキーーーーードン!!

ぶつかった・・・

どうしよう・・・

下りたほうがいいのか・・・

係わりあいになりなくなかった俺は、バックしてさっさとその場を離れた。

その後、そこを通る機会があった。

あれが幽霊だったらまだ良いのに・・・

そう思って現場あたりを見ると

「○月○日○時ごろここで轢き逃げがありました。」

「目撃された方下記の電話番号に情報提供おねがいします。」

俺は家に帰り悩んだ。

警察に行くべきか・・・

だがきっと、相当な時間を奪われてしまう・・・

いやだ。俺は関係ない・・・

そうこう思っていると、ニュース速報が。

「△市×町で発生した轢き逃げの容疑者が逮捕されました。」

ああ、そうか・・・良かった。

俺はほっと胸をなでおろした。


解説↓


この男の子は、2回も車に轢かれてしまったようだ。

1度目に轢いたの車の運転手は逮捕された。

2度目に轢いた「俺」は、最初に轢いた車の運転手が逮捕されて、胸をなでおろしている。

つまり、すべてをその運転手のせいにしてしまおうとしているのだ。

轢かれた男の子がどうなったのかは分からない。

この子が、もしも死んでいたとしたら、致命傷を与えたのは、2度目に轢いた「俺」である。

それなのに、素知らぬ顔をできてしまう「俺」が怖い。
PR