意味がわかると怖い話 戦争からの帰還

意味がわかると怖い話 戦争からの帰還

ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。

「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。家で一緒に住んでもいいかな?」

息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。

「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」

その台詞に、両親は押し黙ってしまった。

「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、そのお友達の世話に一生縛られるなんて無理よ。」

やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。


解説↓


これは、地雷を踏んで腕と脚を失くしてしまったのは、息子本人だと思われる。

両親が腕と脚を失ってしまった人間と暮らすことを、客観的にどう言うかというのを知りたかったために、「友達の話」だと嘘をついたのかもしれない。

両親は、腕と脚のない人間と暮らすことを拒否するような発言をしたため、息子は自殺してしまったようだ。

自殺理由は未来に希望がもてなかったためか、もしくは両親に迷惑をかけたくなかったためか、どちらにしても戦争の残酷さが多少なりとも伝わってくるような話だ。
PR